ローラースケートダンスを楽しむLINKのダイエットブログ!

ダンスとローラースケートを融合させて、ローラースケートダンスを楽しんでいます。レパートリーは、乃木坂46さんの「インフルエンサー」、欅坂46さんの「サイレントマジョリティー」、DA PUMPさんの「U.S.A.」、星野源さんと新垣結衣さんの「恋ダンス」、AKB48さんの「ヘビーローテーション」、「フライングゲット」、「恋するフォーチュンクッキー」、 E-girlsさんの「 おどるポンポコリン」など⁉

靴の穴あけ微調整

LINKです。

今回は、
ローラースケートシューズの穴あけの補足というか?

ローラースケートシューズの穴あけの微調整について、ちょっと書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
 

まず、
ローラスケートの重心ですが、僕は、前に滑っている時は、前重心(つま先重心)。

後ろに滑っている時は、後ろ重心(かかと重心)だと思います。

そして、
あまり動いていない時は、僕は、つま先重心が好きです。

つまり、踊っている時は、基本つま先重心。

スピンも、トースピンが基本だと思っています。

ヒールトースピンが、間違いだといっているのでは、ありません。

トースピンとは、つま先とつま先のスピンです。

ヒールトースピンとは、かかととつま先のスピンです。

トースピンもできた方がいいと言いたいのです。

本題のプレートの位置ですが、プレートの位置は、難しいです。

まず前後ですが、自分がここ真ん中と思えば正解!

前に倒れやすいとか、後ろに倒れやすいと思えば、不正解だと思います。

そして左右ですが、やはり、ど真ん中にセットすることをお勧めします。

かかとの真ん中は、比較的簡単ですが、つま先は、靴のつま先の縫い目で合わせるよりも、ちょっと外、ウィールの両端が、靴からはみ出ないようにセットすることをお勧めします。

靴穴のあけ直し

基本、
ローラースケートシューズの穴あけをちょっとずらすのは、ちょっと難しいです。

逆に、沢山動かすのは簡単です。

もう一回、穴をあけなおすようなものだから!!!

でもそれは、大抵やりすぎる傾向にあります。

丈夫さを欲しがって、沢山ずらし過ぎるからです。

基本、数ミリの世界です。

なので、プレートを移動する時は、ちょっとなのです。

そのちょっと動かすのが難しいのです。

わたくしLINKがやっている方法を紹介します。

わたくしLINKは、ダボを使っています。

スポンサーリンク
 
「家具の木ダボ」で検索してみてください。

僕が使っているものは、janコード「4903757036727」です。

どんなものか?分かると思います。

近所のホームセンターで、80円で20本買えるものです。

家具用木工ダボ

家具用木工ダボ

 

これは、ボウリングを熱心にやっているマイボウラーの人なら分かりやすいのですが、ボウリングボールのプラグに似ています。

完璧ではありません。

しかし、皮の代わりに木を使うので、多少は、丈夫になります。

どうやって使うのか?というと、木ダボを穴の大きさに削ります。

長ければ、ニッパーで切ります。

そして、ちょっときついなくらいになったら、金づちで靴に打ち込みます。

要するに、ダボで穴を埋めちゃうんです。

穴をあける時も注意が必要です。

ドリルの刃は、弱い方へ弱い方へ逃げます。

だから、最初は、細い刃で、そして順番に太い刃に変える。

ゆっくり穴をあけるという注意が必要です。

もう修正不可能だと諦めるなら、諦めたつもりで、ダボで一度埋めて穴をあけ直したらどうか?と思います。

やってみるだけの価値はあると思います。

当然と言っては何ですが、今わたくしLINKが使っているライデル(Riedell)297も、この方法で修正していますから、シューズの中には、このダボが入っています。

わたくしLINK、お勧めのこの方法どうでしたでしょうか?

それでは、
どうも、最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
また、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

投稿日:2017年3月30日 更新日:

執筆者:

検索

多言語対応

恋ダンスポーズ